八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

特化ホテル来年開業 工事関係者や離島住民向け

来年1月に開業予定の工事関係者や離島住民に特化したホテル「グリーンテラスハウス&カフェ」=11日午前、市内真栄里

来年1月に開業予定の工事関係者や離島住民に特化したホテル「グリーンテラスハウス&カフェ」=11日午前、市内真栄里

信用組、旧空港跡地北側に建設

 石垣市内で建設業を営む㈱信用組(識名安信代表取締役社長)が市内真栄里の旧石垣空港跡地北側に「グリーンテラスハウス&カフェ」を開業することが11日までに分かった。島外から訪れる土木・建設作業員や離島住民の宿泊に特化したコンパクトホテルで全個室の84室。敷地面積約2735平方㍍に1棟12室の木造2階建てを7棟建設。別棟にフロントとカフェを併設した建物を設ける。ことし9月に着工、オープンは来年1月を予定している。工事関係者向けのホテル開業は島内で初めてとなる。(砂川孫優記者)

 同社によると、石垣島内で公共工事や一般住宅などの発注増加に伴い島外からの作業員が大幅に増えているが、好調な観光を背景に市内の宿泊施設に空きがない状態。この現状に着目し、新しい客層をターゲットにしたコンパクトホテルを整備する。

 離島から市内の医療・福祉施設やスポーツ、文化関連の地区大会などの派遣で訪れる家族、児童生徒などの利用を優遇するほか観光客も宿泊できる。

 客室は全洋室で広さは8・24平方㍍。デスクやバス・トイレを完備。素泊まりプランで1泊3800円を予定。総工費は約4億円。

 フロント棟の面積は118・5平方㍍。棟内で朝食や夕食を提供するほか、カフェも営業する。災害時には避難者の受け入れも行う。

 ホテルの東側は今後、南ぬ島石垣空港と市街地を結ぶアクセス道路に隣接するほか、旧石垣空港跡地では県立八重山病院や市役所新庁舎などの新築移転も計画され、同社は「旧石垣空港跡地の開発が進むなか、将来的に利便性が高いホテルになる」とみている。

 識名代表取締役社長は「工事関係者が利用しやすい環境を提供したい。離島から入院や通院で訪れる家族、児童生徒の派遣に対応できるホテルとしての価値を高めたい」と期待した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム