八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

がんじゅうイベント 楽しみながら健康づくり

ちゃーがんじゅう体操を披露する健康運動指導士の勝俣妙子氏(右2人目)とがんじゅうメンバーら=5日午後、市役所

ちゃーがんじゅう体操を披露する健康運動指導士の勝俣妙子氏(右2人目)とがんじゅうメンバーら=5日午後、市役所

大勢の市民でにぎわう

 国民健康保険(国保)や健康づくりについて楽しみながら学ぶ「おでかけがんじゅうタイム2016IN石垣」(沖縄県、石垣市、国保連合会主催)が5日午後、市役所駐車場で開催され、大勢の市民でにぎわった。イベントでは、きいやま商店のがんじゅうライブや、テレビでおなじみの「がんじゅうメンバー」によるトークショー、国保クイズ大会や健康運動指導士の勝俣妙子氏による「ちゃーがんじゅう体操」などが行われた。

 クイズ大会では「特定健診は何歳から受診する?」、「健康なら特定健診は受けなくてもいい?」などの問題が出され、市民らが手を挙げて答え、正解者には商品券が贈られた。

 イベントに訪れた40代の女性は「特定健診は毎年受けている。受診は無料なので受けないのは損。地域の受診率が低いと補助金が減ることもあると聞いた。一人でも多くの人に受けてほしい」と話した。

 沖縄県国民健康保険団体連合会事業課の古堅一也課長は「これまでは公民館などで開催してきたが、屋外の人目につく場所でやることで、無関心層にも知ってもらえる。石垣島まつりの会場からも近いので人が集まった」と述べた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム