八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

出社して間もない6日午前9時すぎ、突如、

 出社して間もない6日午前9時すぎ、突如、蛍光灯が消えた。すぐに復旧するだろうと高をくくっていたが、さにあらず。石垣市と、波照間島を除く竹富町の全域で大規模停電が発生し、停電時間は最長で約3時間にも及んだ▼盛山付近で落雷があり、この影響で送電線がショート、異常を感知した保護装置が作動し、運転中だった発電機4機すべてが停止した、ということが分かったのは夕方になってから▼停電のさなか、石垣島で防災機関の中心を担う市役所へ取材に行った。なぜ停電したのか、復旧の見通しは立っているのか、といった沖縄電力側からの情報が入っておらず、「情報がない」と職員が大わらわ。沖電八重山支店と連絡がとれなかったため、消防職員を現場に向かわせる対応もとった▼今回の停電は台風のように想定できるものではなかった。台風時と違って人も物も動いているのだ。経済的損失も小さくなかったと思う▼長期化するのではとの懸念から、カップ麺などを買いだめする人もいたし、午後を休校にするという学校もあった。ほかにも長期化を恐れ、備えをした人がいるはずだ▼判断する材料がなかったのだから仕方ない。これが住民の不安、怒りを招いてしまった。予期せぬ事態だからこそ、情報が重要になる。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム