八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

【竹富町長選】西大舛、川満氏が第一声 5日間の選挙戦に突入

30325.jpg

各地で集票合戦展開

 任期満了に伴う竹富町長選挙(28日投票、29日開票)が23日、告示された。届け出順に新人で前町議の西大舛騠旬氏(68)=西表南風見=、現職で3期目を目指す川満栄長氏(63)=西表住吉=が立候補し、5日間の選挙戦に突入した。町の最重要課題の役場移転については、両氏ともに西表大原への移転を掲げ、手法についても基本方針の策定を優先させる考えを示しており、相手候補との違いをどのように訴えていくのか注目される。24日からは期日前投票も始まり、激しい集票合戦が展開される。

 告示10日前に候補者が決まった西大舛陣営は「同志に声をかけ、支援の輪を広げていこう」と気勢を上げ、2カ月前から選挙準備を進めてきた川満陣営は「油断することなく、圧倒的な差で勝利をつかみ取ろう」と引き締めを図った。

 両陣営は立候補の届け出後、それぞれ選挙事務所や地元で出陣式を行い、西大舛氏は「決める行政、決める政治を私にさせてほしい」、川満氏は「竹富町を魅力ある日本一の町にする」などと第一声を放ち、支持を訴えた。

 期日前投票は石垣港離島ターミナル内の警察官立寄所で24日から27日(午前8時30分から午後8時)まで行われる。

 期日前投票指定地域は26日の投票で、新城は午後1時から午後1時半、鳩間と船浮は午後0時半から午後2時。

 町選挙管理委員会によると22日現在の有権者数は3463人(男性1798人、女性1665人)。

 ▽西大舛騠旬(にしおおます・こうじゅん)。1947年12月11日生まれ。西表南風見。八重山農林高校卒。前町議

 ▽川満栄長(かわみつ・えいちょう)。1953年6月30日生まれ。西表住吉。琉球大学短期大学部卒。現職。

  • タグ: 竹富町長選挙
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム