八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「与那国牛」をブランド化 与那国

与那国島で育てられている和牛。町は将来的に「与那国牛」(どなん和牛)としてブランド化したい考えだ=10日午後、真嘉牧場(田頭政英与那国通信員撮影)

与那国島で育てられている和牛。町は将来的に「与那国牛」(どなん和牛)としてブランド化したい考えだ=10日午後、真嘉牧場(田頭政英与那国通信員撮影)

肥育農家の拡大へ 母牛増頭の更新事業実施

 【与那国】地方創生法に基づき、ことし3月にまとめた「まち・ひと・しごと創生総合戦略」で町は、雇用創出策の一つとして、島内で肥育されている「与那国牛」(どなん和牛)のブランド化を盛り込んだ。現在、肥育に取り組んでいる牧場は1カ所しかなく、ほとんどが子牛を生産・出荷する繁殖経営。町は、激減している母牛の数を増やしながら肥育農家の拡大に努め、ブランド化につなげていく考えだ。

 戦略は「与那国牛のブランド化に戦略的に取り組み、島内での肥育生産やアンテナショップでの情報発信等、高付加価値化を図る」としており、町産業振興課農林水産班は「与那国町の需要はある」とみている。町は加工・出荷ができると畜場を有しており、施設面での対応も可能だ。

 同班によると、与那国和牛生産部会の会員は現在36人。母牛の飼養頭数は約650頭。以前は60人余、1000頭余いたが、牛海綿状脳症(BSE)による子牛価格の暴落で小規模農家が離農を余儀なくされたほか、経営破綻した安愚楽(あぐら)牧場の影響が飼養頭数の減少を招いたという。

 このため町は、一括交付金を活用して母牛を増頭する更新事業を実施、2013年度から15年度まで55頭増やした。本年度も約15頭を予定する。

 同班は「将来的に与那国牛を安定的に供給するためにも、まず母牛を1000頭台まで回復しなければならない」としている。

 戦略はこのほか、自衛隊配備に伴う人口増について「生活基盤の確保や利便性の向上を図り、島の産業振興やにぎわいの創出につなげる。町民としてのコミュニティーの醸成に努める」としている。

 また、駐屯施設整備工事にも触れ、「工事終了後にいかに観光客を呼び込み(来島者の)落ち込みを防ぐことができるかが重要な課題」と指摘している。

 戦略は、今後5年間の基本目標として▽与那国町らしい、小さい仕事と小さな雇用を創出する▽与那国町への新しいひとの流れに対応できる環境づくり▽若い世代が夢を持ち、人生の希望をかなえることができる島をつくる▽人口減少に歯止めをかけ、島のくらしを守るとともに、地理的特性を生かして地域と地域を連携する—を掲げている。

  • タグ: 与那国牛
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム