八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

2人の勇姿に大声援 両選手の親類宅

新城幸也のゴールを祝福する両親の貞美さん(中左)とるみ子さん(同右)=7日午前4時15分ごろ、登野城の新城さん宅

新城幸也のゴールを祝福する両親の貞美さん(中左)とるみ子さん(同右)=7日午前4時15分ごろ、登野城の新城さん宅

新城(ロードレース)、棚村(水球)の応援に熱気 

 「勇姿に感動した」「よく止めてくれた」。日本の反対側にあるリオの地で6日、小さな石垣島で生まれた新城幸也、棚村克行の若者が大活躍した。ブラジルとの時差は12時間。両選手の親類宅では、辺りが静まりかえる未明から明け方にかけても熱気ムンムン、応援を続けた。世界を相手に果敢に挑む2人の勇姿に眠気も吹っ飛んだ。

 ■最高のプレゼント

  新城さん宅では午後9時前から20人以上の人たちが集まり、2度目の五輪出場を祝う宴会の様相。寝ぼけ眼をこすりながら、ネットのライブ映像に見入り、カメラが新城の姿を映し出すと歓声が上がった。午前4時すぎ、6時間19分43秒でゴールした新城と長旅を共にした。

 「何位でゴールしたか分からないが、バンザーイ」。ゴール直後、後援会の平田勝男会長のかけ声で完走を祝して万歳三唱。27位と結果が画面に表示されると、大きな拍手がわき起こった。

 「ホッとした。落車が多い中、ゴールしてくれてありがとうと言いたい。最高のプレゼントです」。母親のるみ子さん(57)は目を真っ赤に。

 父親の貞美さん(61)は「厳しいコースだったが、目いっぱい頑張ってくれた。日本代表として、ケガを乗り越えて結果を残してくれた。よく頑張った」とたたえ、「本人は東京五輪にも絶対出場すると言っており、頑張ってくれると思う」と期待した。

 平田会長は「小さな石垣島の若者が世界に挑戦する姿に感動した。夢のようだった。スポーツをする他の子どもたちの励みになる」と感激の様子。新城が帰省する11月に「祝賀会」を開く予定だ。

 ■次につながる

  棚村が守護神を務める水球男子日本は、第3ピリオド終了時点で7|4と3点リード。最終ピリオドで4点を奪われて逆転されたが、棚村は最小の得失点差に抑えた。

 初戦の時間帯に棚村の両親らは現地に向かう途上にあり、応援できなかったというが、生まれ島では叔父や叔母らが自宅でテレビ観戦。

 叔父の高那真清さん(56)=石垣=は「勝ってくれるのではないかとわくわく、ひやひやした。最後に逆転されたのは残念だが、次のステップ、弾みになる試合だった。克行はシュートを相当止めていた。彼の力がなければ差がついていたのではないか」とたたえた。

  • タグ: ロードレース新城幸也棚村克行リオ五輪
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム