八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

クリエイティブフラッグ デザイン通し企業応援

石垣島クリエイティブフラッグのクリエイターがデザインした石垣島地ビール限定ラベル商品を手にする関係者=5日午後、市役所庁議室

石垣島クリエイティブフラッグのクリエイターがデザインした石垣島地ビール限定ラベル商品を手にする関係者=5日午後、市役所庁議室

クリエイター、ラベル考案 石垣島地ビールが限定発売

 石垣島地ビール㈱(塩谷篤代表取締役)は石垣島クリエイティブフラッグのクリエイターとタイアップして同社商品「石垣島地ビール」2種類のラベルを一新し、限定商品として発売した。同社は同フラッグのモデル実証事業を初めて活用した。塩谷代表取締役は「ラベルを変える勇気がなかったが、デザインしてくれたラベルは良い仕上がり。多くのクリエイターがこの機会に力を発揮してほしい」と喜んだ。

 同事業は、クリエイターによるデザイン力などを生かして企業ブランドを高めるのが目的。今後は市内の協力企業とタイアップして消費者の反響などを探る。

 5日午後、市役所庁議室で関係者がデザイン商品を発表。石垣島地ビールの「ヴァイツェン」ラベルを光森裕樹さん(37)がアカショウビンをモチーフにデザイン。「黒ビール」ラベルを酒井木乃葉さん(36)と唯木律子さん(40)が石垣島の星空をイメージしたラベルに仕上げた。

 限定ラベルは3種類で、残る1種類は9月に発売予定。それぞれ3000本販売する。現在、「ヴァイツェン」は市内のスーパーなどで販売中。「黒ビール」は南の島の星まつり2016のライトダウン星空観望会&夕涼みライブ会場のブースで提供される。

 光森さんは「旅行者の印象に残るラベルとしてデザインした。島でアカショウビンが見られるビールとして広がってほしい」と期待。酒井さんは「普段から星のイラストを描いている。好きなビールとコラボレーションできて光栄」と喜んだ。

 同フラッグの西村亮一代表理事は「デザインを通して地元や観光客に地ビールの消費を促し、企業のインパクトを与えたい」と期待した。

  • タグ: 石垣島クリエイティブフラッグ石垣島地ビール
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム