八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

交通安全に役立てて 父の遺志を受け継ぎ協議会に広報車寄贈

故・入迎里英能氏の遺志を受け継ぎ、市に広報パトロール車を寄贈した次男の入迎里英仁さんと長男の入迎里英和さん(前列右から)=5日午後、市役所駐車場

故・入迎里英能氏の遺志を受け継ぎ、市に広報パトロール車を寄贈した次男の入迎里英仁さんと長男の入迎里英和さん(前列右から)=5日午後、市役所駐車場

 長年にわたり交通安全活動に従事し、90歳を過ぎても交差点に立ち続けた故・入迎里英能さんの遺志を受け継ぎ、長男の英和さん(68)と次男の英仁さん(63)が市交通安全推進協議会に交通安全防犯広報パトロール車を贈った。5日午後、市役所駐車場で贈呈式が行われた。

 贈呈式で英和さんは、ことし3月に亡くなった父の思いに触れ、「車の販売、整備をしていた父は車に関わる交通事故に心を痛め、交通安全活動をライフワークとしてきた」と説明。「93歳で亡くなるまで、活動の場を与えて頂いたことに感謝し、兄弟で話し合い、車を贈ることに決めた」と贈呈の経緯を語った。

 英仁さんは「この車が交通安全活動のために活躍してくれたら、亡き父も喜ぶと思う」と述べた。

 中山義隆市長は「90歳を過ぎてもパトロールの出発式に参加して頂いたことを覚えている。安心、安全なまちづくりのために大いに活用したい」と話した。

 八重山署の前田達史署長は「これを機に交通安全活動がさらに活発となり、事故が1件でも減ること願う」と期待を込めた。

 英能さんは㈲ホンダ四輪大川モーターを経営する傍ら、1981年に八重山地区交通安全協会を理事に就任。同協会の会長や顧問、市交通安全推進協議会顧問を務めた。

 ことし1月には警察庁長官・全日本交通安全協会長から交通栄誉の最高賞である「緑十字金章」を受賞している。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム