八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

初級で當銘(川原小3年)が優勝 全日本ジュニア空手

全日本ジュニア空手道選手権大会に出場した大道、當銘、翁長、桐生(左から)=(極真会館石垣道場提供写真)

全日本ジュニア空手道選手権大会に出場した大道、當銘、翁長、桐生(左から)=(極真会館石垣道場提供写真)

上級の翁長(新川小3年)は準V

 【大阪】2016ファイティングトーナメント全日本ジュニア空手道選手権大会(NPO法人国際空手拳法連盟白蓮会館主催)が7月31日、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育館)で開催され、小学3年女子の部初級クラスで當銘凜(川原小)=極真会館石垣道場=が優勝し、小学5年女子の部上級クラスで翁長楓花(新川小)=同=が準優勝に輝いた。

 大会は毎年大阪で開催されており、年少から高校生の各クラスに全国から約1000人が出場している。

 今大会には県代表として同道場から當銘、翁長選手のほか2人が出場した。

 結果は次の通り。

 【小学3年女子の部初級クラス】

 ▽優勝=當銘凜(川原小、極真石垣)▽3位=桐生千空(平真小、同)

 【同5年女子の部上級クラス】

 ▽準優勝=翁長楓花(新川小、極真石垣)

 【同6年女子の部上級クラス】

 ▽ベスト8=大道あかり(八島小、極真石垣)

  • タグ: 全日本ジュニア空手道選手権大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム