八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石西礁湖 サンゴ白化

白化現象が起きているミドリイシの群落=22日、石西礁湖内(吉田稔さん提供)

白化現象が起きているミドリイシの群落=22日、石西礁湖内(吉田稔さん提供)

被害「最悪」を懸念

 石垣島と西表島の間の東西約20㌔、南北約15㌔に広がる日本最大のサンゴ礁海域「石西礁湖」などでサンゴの白化現象が進んでいることが、民間の調査会社の調べで26日までに確認された。環境省石垣自然保護官事務所によると、水深の浅い沿岸域で白化の被害がみられるという。高水温が原因とみられる。8月まで晴れの状態が続く見込みで、被害の拡大が懸念されている。同事務所は、毎年行っている石西礁湖でのモニタリングを同日から開始、1カ月間の調査で白化の状況を把握していくことにしている。

 沖縄気象台によると、八重山地方の6月の平均海面水温は29.785度で平年値より1.324度高く、1982年の観測開始以来最高を記録。7月は31度前後で推移している。台風の接近が少なく海水がかき回されないため、連日の日射で高水温が続いている。1カ月予報でも8月まで高気圧に覆われて晴れの日が多いことから、今後も高水温が続く見込み。

 海洋環境調査会社「海游」の吉田稔代表によると、7月中旬から石西礁湖や名蔵湾北、冨崎周辺の水深5㍍以下の海域で白化が見られるようになった。ミドリイシのほか,、ハマサンゴにも被害を確認。吉田代表は「今は初期か中期。あと10日もすれば深刻となり、最悪の状態になるのではないか」としている。

 自然保護官事務所によると、石西礁湖は1998年と2007年の白化、08年ごろからのオニヒトデ大発生で被害を受けたが、ここ数年は回復の兆候がみられていたという。若松徹上席自然保護官は「ここ3年ほどは、大量発生したオニヒトデが終息し、サンゴも回復しているが、出てきた芽が摘まれるのではないか」と懸念する。

 モニタリングは、35地点の造礁サンゴの経年変化を把握する目的で行われており、今後の調査で石西礁湖内での白化率も確認する。若松上席管は「調査結果を石西礁湖自然再生協議会に報告し、対応を協議したい」としている。

  • タグ: 日本最大のサンゴ石西礁湖
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム