八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

平和大使に小中高生4人 原爆の広島、長崎に派遣へ

平和大使に委嘱された右から野原心さん、祖納大樹君、浦崎鈴央奈さん、仲辻宇沙子さん=25日午後、庁議室

平和大使に委嘱された右から野原心さん、祖納大樹君、浦崎鈴央奈さん、仲辻宇沙子さん=25日午後、庁議室

石垣市

 石垣市は25日、平和を考える作文・絵画コンクールで最優秀賞などに選ばれた小中高生4人を平和大使として委嘱した。原爆死没者慰霊式や平和祈念式が行われる広島と長崎に派遣する。

 広島には、平和を考える作文で最優秀賞に選ばれた祖納大樹君(大浜中3年)と野原心さん(八重山農林高校3年)、長崎には同絵画で最優秀賞の浦崎鈴央奈さん(石垣小5年)、優秀賞の仲辻宇沙子さん(名蔵小5年)が派遣される。広島は8月4~7日、長崎は同7~10日の日程。

 庁議室で行われた委嘱状交付式で4人は、中山義隆市長から、市内の小中学生と市職員が作った千羽鶴を託され、「平和についてたくさん学びたい」などと決意。中山市長は「原爆が投下された広島と長崎で感じたことを友達や家族、地域の人たちに伝えてもらいたい」と激励した。

  • タグ: 原爆死没者慰霊式平和祈念式石垣市
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム