八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

イナサヒを修復 波照間

14年ぶりにイナサヒの屋根の修復を行う同実行委員会のメンバーと中学生ら=17日午前

14年ぶりにイナサヒの屋根の修復を行う同実行委員会のメンバーと中学生ら=17日午前

14年ぶりにかやぶき屋根が修復されたイナサヒ=18日午後

琉球王朝時代の倉庫

 

14年ぶりかやぶきふき替え 

 

 【波照間】琉球王朝時代に人頭税を納める倉庫として建てられ、現在は航海安全と豊漁、豊作を祈願する節祭(シチ)の際に用いられている「イナサヒ」の屋根の修復が14年ぶりに行われた。かやぶき屋根の老朽化に伴い、ふき替えに必要な技術を持つ島民で修復実行委員会(大嶺高安委員長)を立ち上げ、13日から6日間をかけ、同小屋のかやぶき屋根を修復した。

 屋根の材料となるカヤが波照間に自生していないため、石垣在波照間郷友会(島尻正矩会長)の協力を得て、13日に石垣市平久保でカヤを収穫し、14日に船で波照間に運搬した。

 15日からは実行委員らが竹で組んだ屋根にカヤを敷き、ひもで固定する作業を行った。修復にはマーニの繊維で縄を編むなど、昔ながらの技術も活用された。

 17日には波照間中学校の生徒らも見学に訪れ、カヤを運ぶなどの作業を手伝った。

 生徒たちは「何十年後かに修復作業を行うことになるかもしれないので、覚えておきたい」と話した。(本比田里奈通信員)

 

  • タグ: 人頭税
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム