八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

少雨傾向続く 散水呼びかける

少雨傾向を受け、サトウキビ畑に散水する関係者=15日午前、石垣市真栄里川良原

少雨傾向を受け、サトウキビ畑に散水する関係者=15日午前、石垣市真栄里川良原

サトウキビの影響懸念

 八重山地方は6月下旬から雨の少ない日が続いており、石垣島製糖㈱(松林豊社長)はサトウキビへの影響を懸念、葉の黄変やロール現象の発生も予想されるとして散水を呼びかけている。

 同社によると、現在は黄変が生じる手前の段階となっているが、生育旺盛期と重なっているため、被害の発生が憂慮される。

 同社は梅雨明け以降、警戒を強め、緊急事態に対応するセーフティーネット事業の申請を決めた。かん水施設のないほ場では、農家負担が軽減される同事業の利用を促している。

 松林社長は「干ばつ傾向が強い。まだ危機的にはないが、このままだとまずい状況になる。積極的に散水してほしい」、多宇弘充農務部長は「6月下旬から雨が降っていない。キビの生育を妨げないよう対応してほしい」とそれぞれ協力を求めた。

 白保のキビ畑で作業をしていた50代の男性は「キビの伸びが悪く成長が遅れている。スプリンクラーがあるので大丈夫だとは思うが、ロール現象も起こるはず」と気にしていた。

 同事業を活用したかん水の散水量は10㌃当たり24㌧が目安。散水ポンプを積んだダンプ(8㌧)によるかん水は1000円。申し込みは同社農務部(82―3872)か地域の原料委員まで。

 石垣島地方気象台によると、6月16~29日の降水量は平年比で石垣島3%、西表島1%、与那国島12%と少雨傾向だったため、同月30日に農作物の水管理に注意するよう呼び掛けていた。7月1~14日までの降水量は平年比で石垣86%、西表89%、与那国151%となっている。

  • タグ: 少雨傾向サトウキビ散水
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム