八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新城が敢闘賞 2012年以来2度目の表彰台

ツール・ド・フランス 第6S

 自転車ロードレースのツール・ド・フランスは7日、フランスのアルパジョン・シュル・セールからモントーバンまでの第6ステージ(190.5㌔)が行われ、石垣市登野城出身の新城幸也(31)=ランプレ・メリダ=が敢闘賞を獲得し、2012年以来2度目の表彰台に立った。

 Teamユキヤ通信によると、新城はレース直後からヤン・バルタ(チェコ)=ボーラ・アルゴン=と逃げ続けたが、残り約25㌔で集団に吸収され、トップと4秒差の132位でゴールした。

 新城は「ゴールするまで敢闘賞だとは分からなかった。これからも逃げのチャンスもあるだろうし、もちろん次はステージ優勝を狙って走る」と話した。第7ステージには、敢闘賞受賞者のみに与えられる赤ゼッケンを着用して挑む。

 ツール・ド・フランスを現地で取材・配信する電子サイト「Cyclist」の福本義彦編集長は「期待を裏切らない活躍をしてくれた。2月のケガからの復活ぶりは驚異的。ツアーオブジャパンの優勝に続き、またやってくれた。本人は今年はリオ五輪に合わせると言っていたので、本命のリオへの期待がますます高まった」と話した。

 レースをスポーツ専門チャンネルで観戦したという父・新城貞美さんは「よく頑張った。ヤン選手も頑張っていたので、どっちがもらうのか分からなかった。主催者は幸也が31歳のベテランということと、2度の落車による痛みをこらえての激走を評価したんだと思う。きょうはゆっくり休んで次のレースに備えてほしい」とねぎらった。

  • タグ: ツール・ド・フランス新城幸也
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム