八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

慰霊の日を前に各校で集会 八重氏が不戦を訴え

八重氏の詩を朗読する放送委員の生徒ら=21日午前、同校体育館

八重氏の詩を朗読する放送委員の生徒ら=21日午前、同校体育館

八重高で文芸作品表彰も

 23日の「慰霊の日」を前に八重山高校(小成善保校長)は21日午前、体育館で、同校OBで詩人の八重洋一郎氏を講師に迎え、講演会を開いた。

 八重氏は、争いに関する文学作品を紹介し、「人は昔から復讐(ふくしゅう)を美化してきた。これまで戦争を支えてきた思想や価値観を廃棄しなければ、人類は滅亡してしまう」と訴えた。

 生徒を代表して文化委員長の岩本海南斗さん(2年)が「戦争は人を殺してしまう。二度と起こしてはならないもの。平和に感謝して日々生きていきたい」と述べた。

 坂東康太さん(1年)は「改めて人間は昔から戦争をしてきたんだなと思った。戦争は勝っても負けても、失うものは大きい」と感想を話した。

 6.23平和週間文芸作品の表彰も行われ、応募45作品の中から4部門で優秀作品が決まり、その中から知念ゆうりさん(3年)の詩が最優秀賞に選ばれた。

 各部門の優秀賞は次の皆さん。

 ▽短歌部門=鈴木穂乃加(3年)

 ▽俳句部門=新城弘峰(3年)

 ▽詩部門=知念ゆうり(3年)

 ▽4コマ部門=匿名希望

 ▽詩部門審査員特別賞=山田昇太(3年)

  • タグ: 慰霊の日
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム