八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

乗務員ら中国語学ぶ 加盟全社の講座参加は初

中国語でタクシーに関する会話を学ぶ市内のタクシー乗務員=市内新川の同支部会議室

中国語でタクシーに関する会話を学ぶ市内のタクシー乗務員=市内新川の同支部会議室

県ハイヤー・タクシー協会支部

 県ハイヤー・タクシー協会八重山支部(請盛真実支部長、12社)に加盟するタクシー会社の乗務員を対象にした中国語講座(全10回)が7日夕、石垣市新川の同支部会議室で行われ、加盟全社から12人がタクシーの会話に特化した中国語を学んだ。全社の参加は初めて。

 講座は、NPO法人八重山美ら島塾(玉城信夫理事長)が同支部から要望を受けて2年ぶりに開催した。

 乗務員は、中国圏の乗客を対象に「どこに行きますか?」や「目的地まではここから何分です」など、車内で実際に使われる会話を中心に学んだ。

 玉城理事長は「2年前と違い、外国人観光客は増えた。この講座で言語の課題を解消してほしい」と期待。

 増加する海外インバウンドに対して、タクシー乗務員のサービス力の強化を進めている請盛支部長は「外国人客とのコミュニケーションはリピーターの獲得につながる。受け入れ強化をタクシー業界から広めたい」と話した。

  • タグ: 中国語講座県ハイヤー・タクシー協会八重山支部
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム