八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

前田島(八重高)世界大会へ ジュニア世界空手道選手権

7月にカザフスタンで行われる世界大会に出場する前田島光里=6日夜、極真会館沖縄県支部石垣道場

7月にカザフスタンで行われる世界大会に出場する前田島光里=6日夜、極真会館沖縄県支部石垣道場

日本代表 「自分の力試す」と決意

 7月9日に中央アジアのカザフスタン共和国(首都アスタナ)で開催される「第2回ジュニア世界空手道選手権」に、極真会館沖縄県支部石垣道場の前田島光里(八重山高校2年)が16~17歳・60㌔以上の部に日本代表として出場する。同道場から世界大会出場は2008年の湯本万征以来、8年ぶり。同道場の田福雄市責任者は「湯本の時は沖縄開催で地元枠での出場だった。今回は代表選考で、しかも海外での大会」と目を見張る。初めての世界大会に前田島は「世界で自分の力が、どこまで通用するか試してみたい」と語った。

 前田島の体重は通常54㌔。しかし世界大会では60㌔以上の無差別クラス。体の大きな外国人選手と渡りあうためには増量は必須となる。

 前田島は「練習後はプロテインを飲んだり、食事も普段の2倍以上は食べている」と話すが、この時期は暑さで一度の練習で3㌔は体重が落ちるという。現在の体重は58㌔。思うように増えない体重に「あと2㌔はほしい。食べるのがきつい」と苦笑いをした。

 体重以外にも課題がある。田福責任者によると、国際試合では、観客受けがそのまま審判の判定に影響、派手な大技じゃないと旗が揚がらないことも。そのため普段は大技を使わない前田島は、後ろ回し蹴りや胴回し回転蹴りなどを特訓。田福責任者は「光里のスタイルはボディー狙いなど効かす地味な攻め。大技を取り入れ、もう一回り空手家として強くなってほしい」と期待を込める。

 開催地のカザフスタンは東京から約6000㌔の距離。世界大会の話を聞いたときに父親の実さん(40)は「最初は『危ないからダメ』と言っていたが、田福さんから話を聞いてすごいことだと実感した。光里の可能性を伸ばしてあげたい」と5月にはパスポートも取得し、現地で娘をサポートする。さらに話を聞きつけた実さんの同級生らが、泡盛で記念ボトルを製作。資金造成に協力してくれた。

 田福責任者が「女空手」と表現するように、暇さえあれば動画サイトで空手の試合をチェックし、同年代の子たちはダイエットに励むものだが、勝つためならと体重を増やす前田島。「走るのも遅いし、学校でも運動音痴と言われている。空手で褒められるのが一番うれしい」と話し、「世界大会出場で、いろんな人が応援してくれている。お金もたくさんかかる。優勝して恩返ししたい」と決意を新たにする。

 石垣島からの世界大会出場。優勝すれば具志堅用高以来の世界チャンピオン。大きな外国人を相手に島の女子高生がどこまで通用するのか、夢が膨らむ。

  • タグ: ジュニア世界空手道選手権
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム