八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山農林高校 カークリコの栽培開始

カークリコから流れる音楽を聴くグリーンライフ科の生徒たち=6日午後、視聴覚室

カークリコから流れる音楽を聴くグリーンライフ科の生徒たち=6日午後、視聴覚室

県内農高で初の試み

 八重山農林高校(渡久山修校長)は6日、植物スピーカーとして知られる熱帯・亜熱帯植物「カークリコ」の栽培を開始した。同日、西表島でカークリコを栽培する西表ジャングルファーム(高田見諒代表)から100株の提供を受けた。グリーンライフ科が栽培を担当する。県内の農林高校では初の試み。同科の石川大樹教諭は「試験栽培を通してカークリコの増産に取り組み、生産する担い手を育てることができれば」と意欲的だ。

 高田代表によると、カークリコの原産は赤道に近い東南アジアやオーストラリアなど。国内では主に生け花用の需要が高く、八丈島や天草、沖縄本島や石垣、西表島などで栽培。東京の大田市場では高値で取引されているという。

 カークリコの栽培は、「植物スピーカー」を開発した㈱ANA総合研究所の古賀敬司主席研究員を介して実現。古賀研究員の助言を受けながら栽培技術習得から増産、販売まで取り組む考え。

 古賀研究員は同日午後、同校視聴覚室でカークリコが持つ可能性や栽培方法について説明したほか、CDデッキやアンプから流れる音楽を植物スピーカーで振動させてカークリコの葉に伝える仕組みを紹介した。

 古賀研究員は「カークリコの可能性は高く、卸市場でも高値で取引されている。換金作物として生産するチャンスは高い。広めてほしい」、高田代表は「市場は、葉が大きなカークリコを求めているが、供給が追いついていない。そこにチャンスはある」と期待した。

地図
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム