八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

梅雨ナカユクイ続く

梅雨の中休みが続く石垣島地方。サルスベリが咲き出し、青空に映えた=4日午後2時ごろ、石垣市登野城

梅雨の中休みが続く石垣島地方。サルスベリが咲き出し、青空に映えた=4日午後2時ごろ、石垣市登野城

与那国空港で今年最高33度

 きょう5日は二十四節気の一つ「芒種」(ぼうしゅ)。沖縄では5月20日の小満から6月5日の芒種までを「小満芒種」(スーマンボースー)と呼び、梅雨期間中で雨の多い時期とされているが、ことしは5月16日の梅雨入り後、数日間は前線が活発化したが、5月26日以降、晴れの日が多く、梅雨の中休み(ナカユクイ)が続いている。 

 4日も青空が広がり、与那国空港がある所野で全国でことし最高となる33.1度を観測したほか、石垣市登野城と盛山で32.9度と各地で軒並み32度以上の真夏日となった。

 石垣島地方気象台によると、この晴れ間は梅雨前線が高気圧に押されて、北上しているため。週間天気によると、6日からは梅雨前線が南下してくるため、曇りや雨の日が多くなる見込み。

 ちなみに、梅雨期間中の各地の雨量は次の通り。 石垣島89.5㍉▽西表島92.5㍉▽与那国島85㍉

  • タグ: 芒種
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム