八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

3陣営最後の追い込み

29913.png

運動員総動員で支持訴え

 5日投開票の県議選は4日、運動最終日を迎え、石垣市区に立候補している現職の砂川利勝氏(52)=自民公認、公明推薦=、新人の前津究氏(44)=社大八重山支部推薦=、新人の次呂久成崇氏(42)=社大、社民、共産推薦=の3陣営は運動員を総動員して最後の追い込みをかける。どの陣営も夕方の明るいうちに打ち上げ式を行い、集まった支持者を期日前投票に促すなど確実な得票につなげる考えだ。

 一方、竹富町では同日、町内8カ所の投票所で繰り上げ投票が行われ、有権者が一足早く審判を下す。

 告示以降、砂川氏は政権与党の自民、公明の政党を中心とした戦いを展開。保守一本化による楽観ムードを引き締め、票の取りこぼしがないよう取り組んでいる。打ち上げ式は大浜信泉記念館西の事務所前で午後6時から。

 前津氏は市議3期10年で培ったネットワークを軸に自治労OBや退職教職員の有志の会、両親の出身地である波照間、与那国の郷友会の支援を受けて運動を展開。打ち上げ式はあさひ食堂前交差点で午後5時半から。

 次呂久氏は社大、社民、共産の各政党と自治労や連合沖縄などで労組、同級生や大浜の若者らを中心とする支持グループ「NEXT6」を中心に支持拡大を図っている。打ち上げ式は真栄里の選挙事務所前で午後6時から。

  • タグ: 沖縄県議選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム