八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

日本一早い新米をどうぞ!

一期作の「ひとめぼれ」をPRしようと設けられた特設コーナー=3日午前、JAおきなわファーマーズマーケットやえやま「ゆらてぃく市場」

一期作の「ひとめぼれ」をPRしようと設けられた特設コーナー=3日午前、JAおきなわファーマーズマーケットやえやま「ゆらてぃく市場」

「ひとめぼれ」販売開始

 石垣島産と西表島産の本年産一期作の新米「ひとめぼれ」の販売が3日午前、JAおきなわファーマーズマーケットやえやま「ゆらてぃく市場」(本若展充店長)で始まった。同市場で八重山地区営農振興センター(照屋武美センター長)らがセレモニーを行い、日本一早い新米の販売開始をアピールした。

 セレモニーで八重山地区水稲生産部会の大底洋一部会長は「ことし2、3月は寒さや長雨、日照不足で状態が心配されたが、農家の肥培管理や水管理のおかげで、おいしいお米ができた」と喜び、照屋センター長とともに「日本一早い新米」をPR。本若店長が「販売宣言」を行った。

 同市場には、平得にあるこどもの家保育園(仲本敦子園長)の4、5歳児25人も招かれ、新米でにぎったおにぎりも振る舞われた。

 同園の野田航生(こうき)君(5)は「おいしかった。今度は梅を入れて食べたい」と満面の笑みをみせていた。

 同市場は5日までキャンペーンを展開。3日間で計300人に200㌘入りの米をプレゼントするほか、5㌔1980円、3㌔1200円の特別価格で販売。購入者には、抽選で米1年分が当たる応募券を配布する。

  • タグ: ひとめぼれ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム