八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「ひとめぼれ」1等米に格付け 1期米検査がスタート

1期米を検査する農産物検査員ら=1日午前、JA八重山地区ライスセンター

1期米を検査する農産物検査員ら=1日午前、JA八重山地区ライスセンター

地区ライスセンター

 2016年産1期米の検査が1日午前、JAおきなわ八重山地区ライスセンターで始まり、最初の対象となった石垣島産と西表島産の「ひとめぼれ」計4.53㌧が「1等米」に格付けされた。

 農作物検査法に基づく米穀検査で、同JA地区営農振興センター職員で農産物検査員の山根聡さんら3人が、この日対象になった石垣島産2.28㌧と西表島産2.25㌧のサンプルについて米粒の整い具合や水の含有量などを調べた。検査は7月中旬ごろまで続く。

 山根さんによると、ことしの1期米は2月植えが日照不足と低温の影響で10日ほど収穫が遅れたものの、3月植えは好天が続き、生育も良かったという。収穫量は、石垣島750㌧(収穫面積280㌶)、西表島180㌧(同50㌶)を目標にしている。

 山根さんは「実の太りがよく充実している。食味もよくなるかも」と話していた。

 1期米は、3日からJAおきなわファーマーズマーケットやえやま「ゆらてぃく市場」で先行販売される。

  • タグ: ひとめぼれJAおきなわ八重山地区ライスセンター
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム