八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

狩俣さん男子制す 八重山毎日親睦ゴルフ

右から女子ベストグロスの平良臣子さん、女子優勝の屋良部三代さん、男子優勝の狩俣浩正さん、男子ベストグロスの大工栄人さん=29日夜、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

右から女子ベストグロスの平良臣子さん、女子優勝の屋良部三代さん、男子優勝の狩俣浩正さん、男子ベストグロスの大工栄人さん=29日夜、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

女子は屋良部さん頂点 ベストグロス賞に大工さん、平良さん

 第2回八重山毎日親睦ゴルフ大会(本社主催)が29日、ANAインターコンチネンタル石垣リゾートマエサトゴルフコース(16ホール・1896ヤード、パー48)で開催され、男子は狩俣浩正さん(66)、女子は屋良部三代さん(63)がそれぞれ優勝した。ベストグロス賞は男子が49で回った大工栄人さん(60)、女子は57で回った平良臣子さん(60)が獲得した。

 大会には190人が出場。午後2時の気温が31・4度を記録し、6~8㍍の強い風が吹く過酷なコンディションの中、スコアメークを競った。

 同日午後7時半から同ホテルで表彰式が開かれ、八重山毎日新聞社の黒島安隆代表取締役社長は「選手権大会から親睦大会に移行して2度目。皆さんが通い慣れたコースでいい成績が出せたと思う」とあいさつ。

 八重山ゴルフ協会の高木健会長は「ゴルフ場建設は着々と準備が進んでいる。現在は県に環境アセスと、農振除外の手続きを行っている。2020年のオープンを目指し一緒に頑張りましょう」と述べた。

 表彰式では、男女上位3人やベストグロスが表彰されたほか、ニアピンやドラコン、ホールインワンの各賞や石垣—那覇往復航空券や旅行券など豪華商品が当たる抽選会もあり、盛り上がった。

 男子優勝の狩俣さんは「運が良かった。最初の3ホールで四つスコアを落とし目が覚めた。風に惑わされず普段通りのスイングで攻めることができた」。女子優勝の屋良部さんは「60を切れず満足のいくスコアではなかったがメンバー、天気、ハンディに恵まれて優勝できた。毎週日曜日に一緒にラウンドしているメンバーと楽しく回ることができた」とそれぞれ喜びを話した。

 また、ベストグロス男子の大工さんは「超まぐれ。長いパットがよく入った。いつものメンバーと楽しく回れたので余計なプレッシャーがなかった」、同女子の平良さんは「54の自己ベスト更新はできなかったが、ベストグロスを狙っていたのでうれしい。これからも自己ベスト更新を目指したい」と話した。

 大会の結果は次の通り。

 ▽男子の部=①狩俣浩正②三木健治③島袋悠正

 ▽女子の部=①屋良部三代②平良臣子③前盛ちか子

 ▽ベストグロス男子=大工栄人49▽同女子=平良臣子57

 ▽ニアピン賞男子=譜久村孝▽同女子=前幸地渚

 ▽ホールインワン賞=西里盛栄

  • タグ: 八重山毎日親睦ゴルフ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム