八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

厳かに「四月大願い」 竹富

「四月大願い」で作物の出穂を祈願する神司と竹富公民館の役員ら=22日午後、西塘御嶽

「四月大願い」で作物の出穂を祈願する神司と竹富公民館の役員ら=22日午後、西塘御嶽

作物の出穂を祈る

 【竹富】竹富公民館(上勢頭篤館長)は22、23日に作物の出穂を願う「四月大願い」(シガツフーニンガイ)を執り行い、神司が御嶽で夜ごもりをして神前に祈りをささげた。

 また、公民館執行部と有志9人が22日午後6時から西塘御嶽、清明御嶽、幸本御嶽の順に回り、祭りの成功を祈願。翌23日午前6時には、彌勒神前で礼拝した後、島内の22カ所の御嶽で参拝。時折、小雨が降ったが、午後1時ごろ、無事に祭祀(さいし)を終えた。

 ことし、初めて祭事部に参加した内盛正亀さんと上勢頭立人さんは、「生まれ育った島だが、祭りに関しては知らないことも多い。一年を通して学んでいきたい」と語った。

 現在、同公民館の祭事は年間16回。昭和24年の祭政分離までは年に25回の祭事が行われており、昔は本当に大変だったと島の古老は伝えている。

  (三浦彰徳通信員)

  • タグ: 四月大願い
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム