八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

市新庁舎建設地を確定 新八重山病院、消防本部と隣接

29833.png

設計業者の公募開始 18年度末完成目指す

 石垣市は18日までに、旧石垣空港跡地での新庁舎建設予定地を確定し、同日から設計業務を委託する業者の公募を開始した。予定地は、新県立八重山病院建設地と市消防本部の間の3㌶。予定地内に急患用のヘリポートがあることから、市庁舎建設基本計画で必要とされた敷地面積約2.1㌶の1.4倍の広さを確保する考えだ。

 土地所有は国2.5㌶、県0.5㌶。市は今後、国・県と調整し、本年度内に用地を確保する予定。並行して基本設計・実施設計を進め、2017年度の着工、18年度末の完成を目指す。

 設計業務は公募型プロポーザル方式で全国から募集し、7月までに選定、契約する。市内業者と共同企業体を結成することを条件としている。

 市は、技術提案のテーマとして▽地震・津波や台風など災害に強く防災拠点となる安心・安全な市役所▽ライフサイクルコストの低減を考慮した経済的な市役所▽環境にやさしく、自然環境を生かした市役所▽石垣島の素材を生かしたデザイン—を設定した。

 中山義隆市長は18日の記者懇談会で「市民が親しみやすく、訪れやすい、明るい市役所にしたい。また、市役所自体を観光客が見に来たいと思うような市役所を造りたい」と話した。

 現庁舎の跡地利用については「美崎町や中心市街地が空洞化しないよう、人が集まるよう再開発を行いたい」と述べ、今後、跡地利用計画の策定作業を進めていく考えを示した。

 一方、建設費負担を軽減するため活用を予定している緊急防災・減災事業が本年度で終了することから、市は今月11日、南城市で開かれた九州市長会で、県市長会を通して事業の延長を提案、採択された。6月の全国市長会で九州市長会から提案される予定だ。

 基本計画によると、新庁舎建設費は概算で約64億円。同事業を活用できれば、市負担額は約39億円に軽減されることが見込まれている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム