八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

炎天下、200人が挑戦 第2回石垣島ウルトラマラソン

午前7時の号砲で一斉にスタートする参加者=15日午前、サッカーパークあかんま

午前7時の号砲で一斉にスタートする参加者=15日午前、サッカーパークあかんま

男子は勝連三也(うるま市)が優勝 女子は石川めぐみ(石垣市)がV

 第2回石垣島ウルトラマラソン(同実行委員会主催)が15日、サッカーパークあかんまを発着点に行われ、島内外から出場した約200人が炎天下、60㌔のコースに挑んだ。ことしは着順を発表し、男子はうるま市の勝連三也(みつや・51)が5時間4分28秒で優勝。女子は石垣市の石川めぐみ(41)が6時間18分27秒で頂点に立った。

 レース中盤28㌔の折り返し地点で、トップを走っていた大越護と2位の具志堅和人がコースを逆走するアクシデントが発生。大越は約8㌔、具志堅は約2㌔、余分に走る結果となった。

 レースは午前7時にあかんまをスタート。参加者は名蔵を抜け名蔵湾沿いに県道を北上し、御神崎を含む崎枝半島を左回りに周回しゴールを目指すコース。通常のマラソンでは走らない細い山道なども組み込まれ、参加者は、足を休めて写真撮影をするなど石垣島の大自然を満喫した。

 長丁場のレースに参加者はランニング用のリュックを背負い、水分補給用にボトルを装備。給水エイドではマイボトルに補給するウルトラマラソンならではの光景もみられた。エイドステーションでは約100人のボランティアが参加者をサポートした。

 この日の気温は午後3時に30・4度を記録。ランナーにとっては過酷なレースとなった。

  • タグ: ウルトラマラソン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム