八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

糸芭蕉の苗植え付け 白保地区

白保与那岡(ユナムリ)のサトウキビ畑の周りで糸芭蕉の植え付けを行う参加者ら=14日午後、白保与那岡(ユナムリ)

白保与那岡(ユナムリ)のサトウキビ畑の周りで糸芭蕉の植え付けを行う参加者ら=14日午後、白保与那岡(ユナムリ)

グリーンベルトづくり

 住友生命保険相互会社の職員らが参加するボランティアツアー「石垣島サンゴ礁守り隊」の参加者35人が14日午後、白保地区の高台にあるサトウキビ畑で、海の環境保全につながるグリーンベルトとして糸芭蕉の苗を植え付けた。

 糸芭蕉の苗は、白保の環境保全に取り組んでいる「NPO法人夏花(なつぱな)」が用意。この日はスタッフ5人が参加しサポートした。

 同社では2008年からサンゴ礁保全プロジェクトを展開。世界自然保護基金(WWF)サンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」も支援している。

 一行は1泊2日の日程で来島。同センターのプロジェクトの紹介を受け、白保集落の散策なども行った。

 毎年同ツアーに参加している高橋里美さん(38)=東京都=は、「前に植えた月桃がどう成長しているか毎年楽しみ。去年は台風被害があったが、今回の糸芭蕉は順調に大きく育ってほしい」、正木春美さん(30)=同=は「沖縄(八重山)が好きなので地域の環境保全に役立てることができるのはうれしい」と話した。

  • タグ: 石垣島サンゴ礁守り隊
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム