八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山芸能で観客魅了

「白保節」の斉唱で幕開けした琉球フェスティバルの八重山芸能=26日夜、浦添市のてだこホール大ホール

「白保節」の斉唱で幕開けした琉球フェスティバルの八重山芸能=26日夜、浦添市のてだこホール大ホール

華やかに琉球フェスタ

 【浦添】伝統芸能や日舞、洋舞など多彩なステージを繰り広げる「第52回琉球フェスティバル」(琉球新報社主催)が23日、てだこホールで始まり、26日は八重山芸能が披露され、八重山の情景が醸し出された。

 那覇八重山古典民謡保存会(山城直吉会長)、八重山古典民謡箏曲保存会(東江朝子会長)、八重山舞踊勤王流祥吉華慶の会・喜舎場慶子舞踊研究所、勤王流八重山舞踊保存会無錆之会・川井民枝舞踊道場の会員らが出演し、「白保節」「目出度節」の三線斉唱で幕開け。箏曲斉唱の「赤馬節」「しゅうら節」、舞踊の「石ぬ屏風節」「まるまぶんさん節」などと続き、観客らは美しい旋律に耳を傾けた。

 同フェスは1965年から「春の総合舞台芸能祭」として行われており、今回は69団体から約1000人が出演する。30日まで。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム