八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

島産品で被災者にエール 石垣島特産品拡め隊

林田健司さんに義援金を託す石垣島特産品拡め隊の金城秀信隊長(中央)と金城球二事務局長(同右)=25日午後、金城かまぼこ店

林田健司さんに義援金を託す石垣島特産品拡め隊の金城秀信隊長(中央)と金城球二事務局長(同右)=25日午後、金城かまぼこ店

歌手・林田さんに支援託す

 石垣市内で特産品を製造販売する若手経営者で組織する石垣島特産品拡め隊(金城秀信隊長、14人)は25日、熊本地震の支援活動に赴く歌手で作詞作曲家の林田健司さん(50)=新川=に義援金21万円と、黒糖やレトルトのパインカレーなど特産品を託した。林田さんは拡め隊の応援歌を手がけており、林田さんの活動に拡め隊が賛同した。

 林田さんは26日に福岡入り。特産品のほか自ら購入した沖縄そばのカップ麺など支援物資を車両に積み込んで翌朝、熊本に向かう。現地では、支援の手が届いていないところに物資や義援金を届けるという。現地では農産物が出荷できない状況もあることから、野菜などを購入して必要としている被災地に送ることも考えている。

 林田さんは東日本大震災後、復興支援歌を制作して著作使用料や配信収益などを寄付するプロジェクト「みんなの音がさね」を展開した経験があり、熊本の被災地でも今後、被災者を元気づける音楽イベントができないか、今回の訪問で調整する考え。

 林田さんは「拡め隊に話したところ、すぐに動いてくれた。おとこ気のある人たちと知り合いになってよかった。拡め隊を代表して行って知り合いを多くつくり、次回につながるようにしていきたい」と話している。

 金城隊長は「何かしたいとは思っていたが、仕事もあって行けない。林田さんに話を聞いてできることをやろうと会員から義援金を集めた。次につながるようにしてもらいたい」と思いを託す。

  • タグ: 復興支援
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム