八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

最優秀賞は比嘉豊さん 石垣牛枝肉共励会

キロ単価3770円の最高値が付いた第23回枝肉共励会のセリ=22日午前、八重山食肉センター

キロ単価3770円の最高値が付いた第23回枝肉共励会のセリ=22日午前、八重山食肉センター

最高額は204万円

 JA石垣牛肥育部会(仲大盛吉幸部会長)の第23回枝肉共励会が22日午前、㈱八重山食肉センターで開かれ、出品された15頭の審査の結果、最優秀賞に比嘉豊さん(49)=名蔵=の枝肉が選ばれた。優秀賞はサンニ産業、優良賞は新里朋矢さんが獲得した。15頭の格付けは2頭が5等級、4等級が9頭と、上物率が7割を超えた。3等級と2等級は各2頭だった。

 セリでの販売総額(税抜き)は2327万7020円で、1頭あたりの平均価格は155万1801円。最高額は比嘉さんの204万3340円。1キロ当たりの平均単価は3187円で最高は3770円だった。

 2013年11月以来、2度目の最優秀賞に選ばれた比嘉さんは「とても光栄。昨年は相次ぐ台風や気温の変化が激しかったので、牛にストレスを与えないように心掛け清潔な状態を保った。その結果が最優秀賞につながったと思う。今後も石垣牛の質の向上に取り組みたい」と話した。 

 比嘉さんの出品牛は去勢で、父親が安福久、母の父が平茂勝、祖母の父が紋次郎。出荷月齢28カ月。枝肉成績は枝量が542㌔、ロース面積71平方㌢、バラの厚さ9.2㌢、皮下脂肪2・7㌢、歩留基準75.6%、霜降り度を示すBMSは9、肉の色を示すBCSは4。光沢は、しまり、きめともに5の成績で格付けはA—5。

 日本食肉格付協会九州支所の福留一広支所長が審査講評し「枝肉重量が全国平均を超えてきたことを評価したい。皮下脂肪が少し厚めになっている」として、各段階の肥育の改善を促した。

 セリの前に行われたセレモニーには中山義隆市長も出席し、祝辞を述べた。

  • タグ: 石垣牛枝肉共励会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム