八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

17業者25人が実技講習 県カヤックガイド協会竹富町支部

25人が受講した県カヤックガイド協会竹富町支部の本年度第1回講習会=18日、西表島

25人が受講した県カヤックガイド協会竹富町支部の本年度第1回講習会=18日、西表島

 【西表】県カヤックガイド協会(笹尾修司会長)竹富町支部の本年度第1回講習会の実技講習が18日開かれ、午前中に宇奈利崎で実技、午後は中野わいわいホールで座学を行った。石垣や慶良間からの参加者を含む17業者25人が受講した。

 講師は同協会の大城敏副会長と竹富町支部役員の近澤清氏、大滝慎司氏。実技では安全講習と公認ガイド継続講習を行った。

 座学では、カヌー・カヤックガイドとして大切なこととして「天候が悪い時に無理しない」などの指摘があった。スタンド・アップ・パドルサーフィン(SUP)を始める場合の申請手続きや、ライフジャケットの着用についても説明があった。

 初参加の受講者は「カヤックのさまざまなスキルやレスキューを学べて、とても勉強になった。安全に対する意識がより高まり、今後の練習課題も見えた。とても充実した一日だった」と話した。

 今後は5月11日に講習と検定事前講習、6月15日に検定を予定している。(曽根田容子通信員)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム