八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

中華航空 台北−石垣路線再開 初便の乗客145人来島

運航再開した台北石垣線で訪れた台湾からの観光客=30日午後、南ぬ島石垣空港国際線ターミナルビル入り口

運航再開した台北石垣線で訪れた台湾からの観光客=30日午後、南ぬ島石垣空港国際線ターミナルビル入り口

10月29日まで週2往復運航

 中華航空(本社・台北)は30日、台北-石垣路線の運航を再開した。同日午後1時30分ごろ、台湾桃園国際空港から初便の乗客145人が南ぬ島石垣空港に到着。同国際線ターミナルビル入り口では石垣市と市観光交流協会によるセレモニーが行われ、職員が島産品や観光パンフレットを配布した。八重山台湾親善交流協会(石垣久雄会長)の会員も横断幕で歓迎した。

 台北石垣路線の夏季ダイヤは、B737-800型機(158席)を使用し、10月29日まで水・土曜日の週2往復4便運航する。

 同社によると、乗客は3泊4日と4泊5日の日程で滞在が可能。初便は団体客122人が大型ホテルに宿泊。個人客は約20人程度に留まった。

 中華航空沖縄支店の井上孝太営業部長は「運航再開で台湾から那覇、石垣を結ぶ周遊ツアーも組める。新しい自転車観光ツアーなどで石垣を売り込みたい」と話した。

 市観光文化スポーツ局の大得英信局長は「これまでの反省を踏まえ、受け入れ態勢を強化したい。満足する冬場の観光商品を創出したい」と意欲を示した。

  • タグ: 中華航空台北-石垣路線
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム