八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石中、8強入りならず 高知代表に延長0−1

延長特別ルールでサヨナラ負けを喫し、肩を落とす石垣中学校野球部の選手たち=27日午後、静岡市の草薙総合運動場硬式野球場

延長特別ルールでサヨナラ負けを喫し、肩を落とす石垣中学校野球部の選手たち=27日午後、静岡市の草薙総合運動場硬式野球場

全日本少年野球 田本主将「力出せた」

 【静岡】石垣中学校野球部は27日、草薙総合運動場硬式野球場でで文部科学大臣杯第7回全日本少年春季軟式野球大会の2回戦に臨み、明徳義塾中学校(高知)に延長特別ルールの末、0−1でサヨナラ負けした。8強入りはならなかった。試合後、兼松良明監督は選手らに「いいい勝負だった。これで引退ではない。きょうの試合を次に生かすチャンスがある」と声をかけ、夏の中体連に向けて激励した。

 試合は、石中にとっては1回戦の東陽中学校(栃木)に続く投手戦。明徳とともに決定打を欠き、安打は石中4本、明徳5本という互角の戦いとなった。

 石中のエース、翁長佳辰は毎回のようにランナーを背負いながらも要所を締め、五回裏には2死満塁のピンチもしのいだ。

 六回から継投した亀田楓真は七回に四球が続き、1死1・2塁の場面で下地寛太郎にスイッチ。内野ゴロに打ち取った当たりがイレギュラーで2死満塁の窮地となったが後続を断ち切り、延長戦に突入した。

 無死満塁で始まる延長特別ルールの八回表、石中は8番翁長の内野ゴロで本塁と一塁で併殺。2死2・3塁の好機も9番、亀田が内野ゴロに終わった。

 その裏、明徳の最初の打者に対し、下地寛が投げた3球目がワンバウンドし、捕手高那将喬がはじく間に三塁走者が生還し、これが決勝点となった。

 試合後、田本涼主将は「明徳義塾は高校が強豪なので、名前に気負うところもあるかと思ったが、自分たちの力を出し切れた。サインプレーを1回で決められなかったところがあり、そういったところが敗因だと思う」と振り返った。

 中体連に向けて「サインプレーを1回できっちり決められるように守備を強化し、1回のチャンスを生かせる打撃を身につけられるように取り組みたい。相手チームから怖がられるようなチームにしたい」と意気込みを話した。

 同部は28日に準決勝と決勝を観戦した後、29日午後5時20分に石垣に戻る予定。

石垣中

00000000−0

00000001×−1

明徳義塾(高知)

 (延長特別ルール)

(石)翁長、亀田、下地−高那

(明)玉手−安田

  • タグ: 石垣中学校野球部全日本少年春季軟式野球大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム