八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣中が初戦を突破 東陽中を3-1で下す

決勝点となった2点目のホームに滑り込む石垣中の伊志嶺拓磨=26日午後、焼津市総合グラウンド野球場

決勝点となった2点目のホームに滑り込む石垣中の伊志嶺拓磨=26日午後、焼津市総合グラウンド野球場

全国少年軟式野球 きょう2回戦、明徳義塾中と対戦

 【静岡県焼津市で上地矢寸志記者】石垣中学校野球部は26日、焼津市総合グラウンド野球場で文部科学大臣杯第7回全日本少年春季軟式野球大会の1回戦に臨み、東陽中学校(栃木)を3―1で下して2回戦に進出した。2回戦は27日午前11時から草薙総合運動場硬式野球場で明徳義塾中学校(高知)と対戦する。勝ち上がれば3回戦も同日午後、同球場で行う。

 石中東陽戦は投手戦で幕を開け、四回まで両校とも無得点。石中は五回表の攻撃で四球から無死一、二塁と好機を広げ、主将の1番、田本涼が中前に2点適時打を放って先制。さらに犠打を絡めて1死三塁とし、下地裕哉の内野安打で追加点を奪った。

 守備ではエース翁長佳辰が5回を無失点に抑え、試合の流れをつくった。六回に登板した亀田楓真が四球から1点返されたものの、七回は下地寛太郎が二つの三振を奪う好投で東陽打線を封じた。

 会場には選手の保護者や石中の教諭、関東在住の石中18期生「関東一八会」のメンバーら合わせて40人以上が応援に駆け付け、選手に声援を送った。

 2回戦で対戦する明徳義塾は開催地枠で出場した浜松市立曳馬(ひくま)中学校(静岡)を相手に終始、主導権を握り、エース玉手佑弥の完封で6—0と危なげなく2回戦に進出した。

▽1回戦

石垣中

0000300―3

0000010―1

東陽中(栃木)

(石)田本、亀田、下地寛—高野

(東)久村、日向野—吉澤

▽二塁打=田本(石)

  • タグ: 石垣中学校野球部文部科学大臣杯全日本少年春季軟式野球大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム