八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

迫力の演奏と合唱で聴衆魅了 総勢約180人が出演

静岡県オーケストラスクールの迫力ある演奏と洗練された合唱で聴衆を魅了した「しずおか&いしがき聖紫花平和音楽祭」=26日夕、市民会館大ホール

静岡県オーケストラスクールの迫力ある演奏と洗練された合唱で聴衆を魅了した「しずおか&いしがき聖紫花平和音楽祭」=26日夕、市民会館大ホール

しずおか&いしがき 初の聖紫花平和音楽祭

 しずおか&いしがき聖紫花平和音楽祭(主催・NPO法人静岡県オーケストラスクール、同実行委員会)が26日夕、石垣市民会館大ホールで開かれ、迫力あるオーケストラ演奏と合唱の響きが聴衆を魅了した。

 同音楽祭には同スクールの55人をはじめ、いしがき少年少女合唱団、石垣混声合唱団、十文字声楽教室、石垣女声コーラスあかようら、YAEYAMAストリングス、石垣市民合唱団の総勢約180人が出演。

 プログラムは3部構成で行われ、いしがき少年少女合唱団の静岡市歌と石垣市歌に続き、「いのちのリレー」で幕開け。沖縄のわらべ歌や「芭蕉布」などと続いた。同スクールの演奏に合わせて同合唱団と石垣市民合唱団、石垣混声合唱団の団員らで披露した「ハレルヤ」「希望と栄光の国」では、壮大な響きに喝采が起きた。

 第3部は出演者全員で「『故郷』合唱とオーケストラの為(ため)に」「Believe」「富士山」などを繰り広げた。

 同音楽祭総監督で指揮を務めた松本進さん=同スクール理事長=は「オーケストラに合わせての合唱は当初なかなかうまくいかず、どうしようかと思ったが、きょうのリハーサルでは見違えるほどになっていた。いい歌声だった」と語った。

  • タグ: 聖紫花平和音楽祭
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム