八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

31日に銀座店オープン ティーラ・アース

島産材を使ったディスプレーで全国へ石垣島らしさを発信する平良静男代表取締役社長(右)とうえざと木工の東上里和広代表取締役=18日午後、うえさと木工

島産材を使ったディスプレーで全国へ石垣島らしさを発信する平良静男代表取締役社長(右)とうえざと木工の東上里和広代表取締役=18日午後、うえさと木工

新宿店に続く東京出店 石垣島発信ジュエリー販売へ

 石垣島の自然をモチーフにしたオリジナルジュエリーを扱う㈲ティーラ・アース(平良静男代表取締役社長)は、31日に開業する銀座エリア最大級の「東急プラザ銀座」に常設店をオープンさせる。東京出店は伊勢丹新宿店に続き2店目。ディスプレーには島産材を使い、製作を担当した㈲うえざと木工(東上里和広代表取締役)も「石垣島らしさ」の全国発信に期待を寄せる。

 東急プラザ銀座は、銀座の新たなランドマークを目指す商業施設。地下2階、地上11階の13フロアに125店舗が出店。ティーラ・アースは4階に出店する。平良代表取締役社長は「ブランドを通して石垣島の良さを伝えたい」と、石垣発のブランドにさらに磨きをかけたい考え。

 同社は2005年に石垣本店を開業させた当時から同木工と付き合いがあり、銀座出店に備えて、昨年12月ごろから島産材のヤラブやタブノキ、ソウシジュを使ったディスプレーの準備を進めてきた。

 同木工は数年前から島産木材の島外展開を模索しており、東上里代表取締役は「石垣島の木材は南国特有の表情(木目)が豊かで、力強さもある。島外への流通はコスト面などで難しい部分はあるが、石垣島にもいい木材があるということが全国に広まれば」と期待する。

 平良代表取締役社長は「ジュエリーだけでなく、ブランドの本質を見てもらうために島産材の使用を決めた。ディスプレー一つでも自信をもって勧められる」と話している。

  • タグ: ティーラ・アース銀座店東京出店
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム