八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣RCが創立55周年 記念式典で社会奉仕を誓う

地域への社会奉仕などについて確認した石垣ロータリークラブの創立55周年記念式典=20日夕、ホテル日航八重山

地域への社会奉仕などについて確認した石垣ロータリークラブの創立55周年記念式典=20日夕、ホテル日航八重山

 石垣ロータリークラブ(新賢次会長、RC)の創立55周年記念式典と祝賀会が20日夕、市内ホテルで開かれ、日本最南端のクラブとして地域への社会奉仕と国内外RCとの交流促進を誓った。新会長は「本年度のクラブテーマは奉仕・天資と文化。クラブ内の連携強化で社会の目に見える形で社会奉仕活動を目指したい」と述べた。

 式典には友好クラブや他地区のクラブ会員など200人近くが参加。1990年に友好クラブを締結した台湾の台東区RCの葉振東(イェ・ツェンドン)会長と2014年に締結した台北大同RCの劉國輝(リウ・グオフイ)会長も出席した。

 葉会長は「創立55周年は姉妹クラブとして私たちも誇りに思う。今後も協力し合い、絆を強く持ち、ロータリーの精神を広げよう」とあいさつした。

 式典に先立つ55周年記念公開例会では、石垣市観光アドバイザーの谷口正和氏が石垣の文化経済を考えるプログラムについて講話を行った。

 式典では20年以上在籍した次の5氏を表彰した。

 漢那憲仁、米盛博和、宮城隆、金城力、上勢頭保

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム