八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

レンタカー物損事故が増加 開港3年で1060件

増加するレンタカー事故防止に向けて意見交換する交通事故防止連絡会議の参加者=9日午後、八重山署3階訓授場

増加するレンタカー事故防止に向けて意見交換する交通事故防止連絡会議の参加者=9日午後、八重山署3階訓授場

交通事故防止連絡会議、業界の改善課題に

 南ぬ島石垣空港が開港した2013年からの3年間で、郡内のレンタカー物損事故件数は1060件に上り、年間の件数は年ごとに増加していることが八重山署(前田達史署長)の調べで分かった。ことし2月末までの物損事故は前年同期比の2倍となる60件に上り、レンタカー事業者などでつくる交通事故防止連絡会議の瀬戸守会長は「新空港開港から3年間でレンタカー業者も増加している。業界全体で改善に取り組まないといけない」と危機感を募らせた。

 同連絡会議は八重山署や石垣市、郡内のレンタカー業者で構成。9日午後に八重山署3階訓授場で意見交換を行い、今後の方針などを確認した。

 同署交通課によると、レンタカーの物損事故件数は新空港開港年の2013年が293件、14年が376件(前年比28.3%増)、15年が391件(同3.9%増)で年々増加しており、年間平均は353件。

 昨年の事故件数391件の内訳は、衝突が291件(74.4%)と最も多く、接触の20件(5.1%)、追突の18件(4.6%)と続く。事故発生現場について同課は「駐車場内で車両同士の事故が後を絶たない」と指摘した。

 レンタカー業者側は「市内のホテルや店舗の駐車場は狭く、普段運転しない客がハンドルを握るのでなおさら(事故が起きやすい)。外国人観光客の事故も増えてきている」とした上で、「事故防止のパンフレットを見ないことがあるので、スマートフォンやタブレット端末で周知できる仕組みがほしい」と提案した。

 同課の与那覇長次課長は「レンタカー業者が利用客に声掛けを行い、未然防止に努めてほしい。(黄金週間や夏場の)大型連休までに対策を具体化させたい」と話した。

  • タグ: レンタカー物損事故
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム