八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

トゥファを天然記念物に指定 県内最大規模で重要な場所

豆石状のトゥファ(市教委文化財課提供)

豆石状のトゥファ(市教委文化財課提供)

屋良部岳南側フミダカーラ

 屋良部岳南側の中腹から南南東に流れるフミダカーラ流域の炭酸塩堆積物(トゥファ)が4日、石垣市指定文化財(天然記念物=地質鉱物)に指定された。

 同流域のトゥファは県内最大規模とされ、豆石や滝、テラス状などさまざまな形態が観察できる。島の地史を考える上でも重要な場所とされ、今後の保存活用が求められている。

 トゥファの生成には落ち葉などの腐植物質の供給量や石灰岩の分布、土壌中の二酸化炭素濃度、降水量、湧水量などさまざまな要因が影響し合うと考えられており、市教委では「広い範囲にわたる同流域の環境保全が必要だと思われる」としている。

 指定書交付式は後日行う。

  • タグ: 炭酸塩堆積物(トゥファ)フミダカーラ流域屋良部岳
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム