八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

”先島同士で交流を” 初のイベントに挑戦

宮古高校ダンス部の下地美優さん(前列右2人目)らとともに合同練習を行った八重山高校ダンス同好会のメンバー=6日午前、双葉公民館

宮古高校ダンス部の下地美優さん(前列右2人目)らとともに合同練習を行った八重山高校ダンス同好会のメンバー=6日午前、双葉公民館

八重山高校ダンス同好会

 宮古島市のマティダ市民劇場で20日に開催される高校生のバンド・ダンスイベント「マティダライブ8」(同市民劇場主催)に、八重山高校ダンス同好会(仲大盛華乃部長)の14人が初めて参加することになった。「先島の高校同士でダンス交流を」。宮古高校ダンス部(下地美優部長)の呼びかけに賛同、出演が決まった。両校はコラボでストリートダンスを披露することにしており、宮古高校の下地部長(2年)ら2人が5日に石垣島を訪れ、6日までの2日間、双葉公民館で合同練習を行った。

 イベントは、宮古島市の高校生が実行委員会を組織して企画運営するもので、今回で8回目。

 両校はそれぞれオリジナルのダンスをするほか、同じ振り付けのダンスにも挑戦するため、合同練習で確認した。今後、それぞれ練習を重ね、本番に備える。八重高は19日現地入りし、宮古高校と最終調整を行う。

 仲大盛部長(2年)は「宮古高校ダンス部は県大会で優勝して全国にも出場しているので、刺激になる。ライブでは自分たちらしさを出し、大好きなダンスでいいパフォーマンスをしたい。石垣島にも高校生ダンサーがいることをアピールしたい」と意気込む。

 下地部長は「初めてなので楽しみ。八重高にはフレンドリーな人が多いので仲良くなれる。お互いの色を出しながら協力していくのがダンスのいいところ。コラボでいいダンスをつくり、後輩たちにもつなげたい」と語った。

 宮古高校の神山若夏顧問は「先島では互いにダンスを見る機会がなく、合同でダンスができないかと思い、八重高に声をかけた。八重高生は表情がよい。互いに優れているところを学んでもらいたい」とダンス交流に期待する。

 ライブは午後3時開演。バンド7組、ダンスグループ5組の計12組が出演する。

  • タグ: マティダライブ8八重山高校ダンス同好会宮古高校ダンス部
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム