八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

市民総合文化祭が開幕

茶道部会の茶を堪能するジェームズ・ヒルドブランドさん(正面)ら=5日午後、石垣市民会館中ホール

茶道部会の茶を堪能するジェームズ・ヒルドブランドさん(正面)ら=5日午後、石垣市民会館中ホール

市民総合文化祭の開会式アトラクションで「繁昌節」「白保節」を披露する民踊愛好部会=5日午後、石垣市民会館

織物など会員の力作を展示

 今夜は舞台発表

 

 「育てよう文化の心、文化のまち」をスローガンに掲げた第21回石垣市民総合文化祭(市文化協会主催)が5日、石垣市民会館で開幕した。初日は展示の部が行われ、訪れた人たちは書道や写真、木工、織物など11部会の会員らの力作に見入った。2日目の6日は午後6時30分から市民会館大ホールで舞台発表が行われる。

 セレモニーで同協会の嵩本安意副会長が村田栄正会長のあいさつを代読「多くの市民の皆さまに鑑賞していただき、各部会員を励ましていただければ幸い」と話し、中山義隆市長が祝辞を述べた。

 嵩本副会長、中山市長、石垣朝子教育長によるテープカットの後、民踊愛好部会が「繁昌節」「白保節」を披露。茶道部会は表千家不白流県支部の会員が茶をたて、来場者をもてなした。

 茶道文化を子どもたちに体験させようと毎年参加している母親(34)は「子どもたちも楽しみにしている。ただ、展示の内容は同じような人たちばかりで代わり映えがしない。もっと若い人の作品も見てみたい」と感想。

 同志社大学で国際問題などについて研究し、八重山の生活について地元住民に取材する目的で同日朝、来島したというジェームズ・ヒルドブランドさん(23)=米国ロサンゼルス出身、京都市在住=も茶道を体験。「イメージしていた日本文化よりも素晴らしい。自分の目で本物を見られてうれしい」と笑顔で語った。

 6日の展示の部は午前9時30分から午後4時まで。

地図
  • タグ: 第21回石垣市民総合文化祭
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム