八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

桃の節句で子ども茶会 川平社中

表千家不白流白和会川平社中の教室に通う子どもたちが市民をもてなした「おひなまつり子ども茶会」=5日午前、石垣市登野城の川平宗勝代表宅

表千家不白流白和会川平社中の教室に通う子どもたちが市民をもてなした「おひなまつり子ども茶会」=5日午前、石垣市登野城の川平宗勝代表宅

小学生が市民をもてなし

 表千家不白流白和会川平社中(川平宗勝代表)は5日午前、石垣市登野城の川平代表宅で「おひなまつり子ども茶会」を開き、同社中の茶道教室に通う小学生たちが訪れた市民をもてなした。

 同宅には、ひな人形の7段飾りもあり、桃の節句らしい雰囲気。子どもたちは盆の上で茶をたてる「略盆」と一般的な「運び点前」を交互に行い、日ごろの稽古の成果を発揮した。

 5年目という浦崎絵戸(えこ)さん(海星小5年)は「思っていたより緊張せずできた。先生に言われなくても完璧にできるようにしたい」、3年目の西里琉弥君(平真小3年)は「お茶をお客さまに出す時は緊張した。略盆はできるようになってきたので、お運びもできるように頑張りたい」と目標を語った。

 長女の舞彩(まあや)ちゃん(2)に日本の茶文化を味わってもらおうと参加した石崎紀子さん(41)=登野城=は「家では体験できないことをさせていただいた。作法などは身に付けたら一生ものだと思う。娘がもし興味を持てば習ってもらいたい」と話した。

 同社中の川平宗孝(孝子)さん(61)は「褒めてくれると子どもたちの力になる。毎週土曜日に教室を行っているので、興味のある方は気軽に来て、静かな時間を味わってほしい」と呼び掛けている。

  • タグ: おひなまつ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム