八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

きょうから3月だというのにマンゴーの開花…

 きょうから3月だというのにマンゴーの開花が遅れている。街中で民家の庭先の木の開花がみられず、気をもんでいる人も多いだろう▼筆者の実家の庭で大木化したマンゴーの古木も開花の気配すらない。昨年は数十個の実を着け、収穫を楽しみにしていたが、台風ですべて落下。「ことしこそは」と期待していたが見事に裏切られそうだ▼通常、マンゴーの開花時期は、早い木で1月後半。例年、この時期には満開しているだけに、ことしは1カ月以上の遅れだ。原因は、昨年11月から続く、異常気象の影響だとみられているが定かではなく、30年以上マンゴーを栽培するベテラン農家も「これだけ遅れるのは初めて」という▼露地栽培で開花が望めそうにない中、ハウス栽培のマンゴーは開花の兆しがみえ始め、ほ場によりバラつきはありそうだが、3月中旬には最盛期を迎えそうだという▼心配される作柄は、開花遅れが影響し「不作」の見込みがある一方、「開花最盛期が寒気に当たらないので着果が良くなる」(農家)と、平年並みから「豊作」の見通しもある▼いずれにしてもマンゴーはパイナップルと並ぶ八重山を代表する夏の味覚だけに、作柄は気がかりなところだ。農家によると、開花は遅れても例年通り7月には収穫のピークを迎えるという。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム