八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

持ち前の攻撃力爆発 bjリーグ 第2戦

持ち前の攻撃力を爆発させ、島根に37点差をつけて勝利した琉球ゴールデンキングス=21日午後、市総合体育館メインアリーナ

持ち前の攻撃力を爆発させ、島根に37点差をつけて勝利した琉球ゴールデンキングス=21日午後、市総合体育館メインアリーナ

キングス、島根に95ー58

 bjリーグの琉球ゴールデンキングスー島根スサノオマジックの第2戦が21日午後、石垣市総合体育館メインアリーナで行われ、キングスが島根を95ー58の37点差で下し、前日の雪辱を果たした。試合は序盤からキングスのペース。キングスは積極的な守備で相手のミスを誘い、攻撃ではスピードのあるパス回しで相手を翻弄(ほんろう)。13本の3点シュートを決めるなど、持ち前の攻撃力を爆発させた。この日最も活躍した選手に贈るユーグレナ賞には両チーム最多の20点を挙げたドゥレイロン・バーンズ(キングス)が輝いた。会場には2694人のブースターが詰めかけ、2日間で5234人が来場した。

 前日の20日、八重山開催で初黒星を喫したキングスは「反省をしっかり生かし、自分たちが信じてやってきたことを出そう」と気持ちを切り替え、試合に臨んだ。

 キングスは序盤、高い位置での守備で相手をけん制し、アンソニー・マクヘンリーを中心に早いパスワークで中と外をうまく使い分け、第1クオーターで20点を挙げ、島根に10点差をつけてリード。第2クオーターでは、島根が岡本飛竜とスクーティー・ランダル、山本エドワードの3人で15点を挙げてキングスに食らいつこうとするが、バーンズと小菅直人が合わせて3本の3点シュートを決め、キングスがリードを維持。

 後半に入ってもキングスのパフォーマンスは落ちず、4本の3点シュートやイバン・ラベネルのダンクシュートでチームに勢いをつけた。

 島根が追い上げを図ろうとするが、攻守の要所でラベネルが相手の反則を誘い、リズムに乗せなかった。

 第4クオーターではキングスの津山尚大がパスカットやスチールなど積極的な守備でチームを盛り上げ、喜多川修平が3本の3点シュートを含む11得点で島根を引き離した。

 西部地区3位のキングスは次節の27日、同9位のライジング福岡と対戦する。

 結果は次の通り。

キングス

95

20ー10

19ー15

27ー22

29ー11

58

島根

地図
  • タグ: キングス
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム