八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

展示、舞台で活動成果発表 恒例の高教組支部文化祭

高教組八重山支部の第43回文化祭の舞台の部で迫力のあるエイサーを披露した八重高の教諭ら=20日夕、市民会館大ホール

高教組八重山支部の第43回文化祭の舞台の部で迫力のあるエイサーを披露した八重高の教諭ら=20日夕、市民会館大ホール

 「伝承と創造~古より 常しえにと 咲かせよう 文化の花を~」をテーマにした沖縄県高等学校障害児学校教職員組合八重山支部(上原勉支部長)の第43回文化祭が20、21の2日間、市民会館で開かれている。

 展示の部では、八重高、八商工、八重農、八重山特別支援学校の4分会の教諭や生徒、同支部OBの作品を紹介。授業で生かした教材や写真、獅子頭、ハーブソープ、エコクラフトバッグ、学級日誌など多彩な作品が並び、来場者の関心を集めた。

 昔の学級日誌や写真集を見ていた50代の女性は「懐かしい写真などもあり、記憶がよみがえった。教材からは先生たちの工夫や頑張りが伝わってきた」などと感想を語った。

 舞台の部は4分会合同の「鷲ぬ鳥節」「鶴亀節」「矼ゆば節」で幕開け。八重高のエイサーやバンド演奏、八商工の段のもの、特別支援学校の獅子舞などが続いた。八重農は演劇の要素を取り入れた舞台「つなぐ~過去から現在、そして未来へ~」を披露し、盛んな拍手が送られた。

 冒頭、上原支部長は「各分会が少ない練習時間の中、文化の種を準備してきた。本番では素晴らしい花を咲かせるので、ぜひその姿を見ていただきたい」とあいさつした。

 最終日の21日は展示の部のみの開催で、午前10時から午後3時。

地図
  • タグ: 高教組文化祭
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム