八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

CDと工工四を完成 肺がんと闘う福里安展さん

「与那国島の子守唄と童謡」のCDと工工四を発売した与那国島出身の福里安展さん

「与那国島の子守唄と童謡」のCDと工工四を発売した与那国島出身の福里安展さん

与那国島の子守唄と童謡 消える島の方言を危惧 亡父・武市さんの遺志継ぐ

 昨年3月に肺がんと宣告された与那国島出身の福里安展(やすのぶ)さん(66)=豊見城市=が、民謡の名手と呼ばれた亡父、武市さんの遺志を継ぎ、島の子守唄や童謡を収録したCDと工工四を6年かけて完成させた。安展さんは島の方言や古謡が消えつつあることを危惧しており、「子どもたちには島の古い言葉や、その思いを大事にして歌いつなげてほしい」と思いを込める。

 武市さんは1970年に宮良保全、冨里康子さんとともに「与那国民謡工工四」の発刊に携わるとともに、16年の歳月をかけて子守唄と童謡の工工四を制作。レコーディングを夢見ていたが、かなわないまま、78年に他界した。

 安展さんは、埋もれた古謡や子守唄などを掘り起こし、演奏活動にも取り組んでいる。6年ほど前からは武市さんが残した工工四の出版とCD化を模索してきたが、昨年3月に肺がんの宣告を受けた。東京での治療を余儀なくされるなか、同9月に横浜で録音を敢行した。

 CDと工工四はいずれも「与那国島の子守唄と童謡」として発売。CDには、雨は降らないでほしいと願う「ながやま」をはじめ、「にちぬさんあぃてぃ」「はらるるでー」などの子守唄4曲と、「いがびあぶ」「花の伊舎堂」「うちぬはん」などの童謡7曲の全11曲を収録。島の風土と生活に根ざした唄は、温かさと生命力にあふれ、福里さんの思いが伝わってくる。

 工工四では歌詞やその歌が生まれた背景を説明。「うちぬはん」を歌いながら行う遊びについても解説している。

 福里さんは「父がやり残したことができて安堵(あんど)している。島の先輩からは『昔の歌がよみがえった』とうれしい知らせもあった。今後も広く伝えていきたい」と話している。

 CDは2500円(税込み)、工工四は1400円(同)。問い合わせは090—5212—5478(奥津澄江さん)。CDはタウンパルやまだでも取り扱っている。

  • タグ: 福里安展与那国民謡工工四子守唄童謡
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム