八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

PAC3、石垣島に到着

一般車両に交じって市役所通りを走行し、配備先の南ぬ浜町(新港地区)に向かうPAC3=6日夕、730交差点

一般車両に交じって市役所通りを走行し、配備先の南ぬ浜町(新港地区)に向かうPAC3=6日夕、730交差点

輸送艦「おおすみ」から上陸するPAC3を搭載した車両=6日夕、石垣港

発射機2台レーダーなど

北朝鮮ミサイル迎撃態勢

 

 

 北朝鮮の弾道ミサイル発射実験に備え、航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を積んだ海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」が6日午後4時すぎ、石垣港に到着、PAC3の発射機2台とレーダーなどを搭載した車両数十台が市役所通りを通って南ぬ浜町(新港地区)に移動した。

 発射機2台は2012年の前回同様、南ぬ浜町南側の突端付近に配備され、周囲にフェンスなどを設置する隊員の姿が確認された。

 配備部隊の詳細について防衛省は明らかにしていないが、中山義隆石垣市長は「前回と同様程度と聞いている」と述べており、数百人規模とみられる。

 石垣市は同日午前、危機管理対策本部(本部長・中山義隆石垣市長)を開き、発射通告期間も通常通りの業務を行う一方、午前7時半の発射時刻前から職員を配置することを確認した。市は同日から市役所3階に自衛隊の詰め所を設置、連携を密にしている。

 中山市長は「市民には常日頃の生活を送ってもらい、全国瞬時警報システム(Jアラート)が鳴った場合はコンクリートの建物に避難するなどの対応をとってもらいたい」と記者団を通して呼びかけた。

 市はホームページで市民向けの安全対策情報を提供している。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム