八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

不発弾を無事処理 市消防が一時避難

不発弾の処理現場。手前の筒内に不発弾があり、円すい状の処理壕の中で信管取り外しと信管爆破処理が行われた=2日午後8時10分ごろ、旧石垣空港跡地

不発弾の処理現場。手前の筒内に不発弾があり、円すい状の処理壕の中で信管取り外しと信管爆破処理が行われた=2日午後8時10分ごろ、旧石垣空港跡地

旧空港跡地

 昨年12月に旧石垣空港跡地で見つかった不発弾(米国製50㌔爆弾)の信管取り外しと信管爆破処理が2日夜、現地で行われ、午後10時36分、作業を無事完了した。

 不発弾は県道石垣空港線(アクセス道路)の整備に伴い発見されたもので、不発弾周辺に直径3㍍、深さ6㍍の処理壕を設置して作業を行った。

 避難は処理現場から半径166㍍以内。避難対象世帯はなかった。市消防本部は避難範囲に入っているため、午後8時40分から消防車両約13台を一時的に市中央運動公園第二多目的広場北側に移動。消防への通信機能を維持するため、2人は庁舎内に残った。

 作業は同日午後8時55分に始まり、陸上自衛隊第101不発弾処理隊が9時37分に不発弾の前後についている2個の信管取り外しを終了。午後10時24分には信管の爆破処理を終えた。

 旧空港跡地は1943年に旧海軍飛行場として建設され、戦時中に爆撃を受けており、2014年1月と3月にも不発弾(250㌔爆弾と50㌔爆弾)が相次いで見つかっている。

  • タグ: 不発弾処理旧石垣空港跡地
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム