八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

マイナンバー制度 個人番号カードの交付開始

石垣市役所1階ロビーに設置されている個人番号カード交付窓口=20日午後

石垣市役所1階ロビーに設置されている個人番号カード交付窓口=20日午後

石垣市、交付窓口を設置

 マイナンバー制度で、石垣市は18日から個人番号カードの交付を開始した。市民課では市役所1階ロビーに交付窓口を設置、申請方法の相談にも応じている。竹富町と与那国町での交付は始まっておらず、1月下旬から2月上旬の交付開始を見込んでいる。

 個人番号カードは住民が総務省に郵送やインターネットを使って申請。その後、総務省から自治体に個人番号カードが届き、自治体が交付通知を住民に発送する。通知を受けた住民は窓口で個人番号カードを受け取ることができる。

 石垣市市民課によると、市内では昨年12月23日付で1027件の申請があり、準備が整い次第、申請者に交付通知を送付。18~20日の3日間で15人が個人番号カードの交付を受けた。

 20日午後、交付窓口を訪れた男性は「税金の電子申告のために個人番号カードを申請しにきた。申請方法が分からないお年寄りもたくさんいると思う」と話した。

 同制度に伴い、昨年末で住民基本台帳カードの発行は終了。個人番号カードの交付を受ける場合は、住基カードの返却が必要となる。

  • タグ: マイナンバー制度
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム