八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

浅野(プロ男子)、鈴木(プロ女子)が首位

風を受けて波の上を滑走していくプロクラス男子の選手ら=16日午後、星野リゾートリゾナーレ小浜島沖

ウインドサーフィン2日目
オープンは穴見、小嶺がトップ

 ウインドサーフィンのプロツアー、JWAジャパンツアー2015ー16スラローム第4戦「トヨタジャパンカップ2016」(主催・日本ウインドサーフィン協会JWA、同実行委、賞金総額200万円)は16日、星野リゾートリゾナーレ小浜島沖で2日目の競技を行い、プロクラス男子で浅野則夫、女子で鈴木文子が首位。オープンクラス男子は穴見知典、女子は小嶺恵美がトップに立った。

 初日の15日は風が弱くレースを行えなかったが、この日は朝から風が強く、各部門で2レースずつ実施した。大会は17日まで。

 2日目の結果は次の通り(かっこ内はポイント。ポイントが少ない方が順位は上)。

 ▽プロクラス男子 ①浅野則夫(2)、②山田昭彦(5)、③中井忠則(8)松浦司(61)

 ▽プロクラス女子 ①鈴木文子(3)、②須長由季(4)、③大西富士子(6)

 ▽オープンクラス男子 ①穴見知典(3)、②中嶋基(6)、③長谷川裕志(7)、④松浦司(39)

 ▽オープンクラス女子 ①小嶺恵美(2)、②窪田玲佳(5)、③高須美江(6)

  • タグ: ウインドサーフィン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム